Top > ダイエット中の誘惑と対策 > 指令とウソを見極めてダイエットに挑む

指令とウソを見極めてダイエットに挑む



お腹がすいていないのに
何か食べ物を求めていたり。

どんなに食べてもお腹がいっぱいにならなかったり。

そんな経験はありませんか?
私は常にそうでした(笑

ダイエット中やダイエットを挫折した後などは
特にそういう事が多いと思います。

それは脳が出している指令のせいです。
脳からの空腹の指令は何種類かあります。

ひとつは体内に必要な栄養が不足してきて
「食べ物で補ってくれ~」という指令。
人間本来の空腹ですね。

もうひとつはお腹がすいているわけではないのに
おやつの時間や美味しいものを目にして
なんとなく雰囲気で現れる食欲の指令。
これがウソ指令です。

このうそに素直に従って食べていると
余計なものを摂取してしまい
結果太ってしまうわけです。

特にダイエット後のリバウンドのきっかけになるのは 
無理なカロリー制限をしたせいで
体がエネルギーに貪欲になって居るため
このウソ指令がとても強く発令しています。

しかも、高カロリーを脳が求めさせるうえに
無理な減量の後遺症で「蓄えろ!備蓄しろ!!」
という余計な指令までもついてしまっています。

それが恐怖のリバウンドです^^;

無理なカロリー制限をしたダイエットは
確かに結果がでるのも早いです。

それ以上にリバウンドの効果も大きく強いので
それを知っていないと大きな失敗を繰り返すどころか
常にカロリーを欲しがり蓄える身体に変化してしまいます。

痩せたいのに太りやすい身体を作ってしまうなんて
絶対に避けたいですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中の誘惑と対策

関連エントリー